われ弱ければ矢嶋楫子伝

映画製作にご協力ください

われ弱ければ矢嶋楫子伝

主演常盤貴子

  • 原作三浦綾子
  • 監督・脚本山田火砂子

映画
『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』
新たなる映画製作にあたって

矢嶋楫子役 主演 常盤貴子さんに決定しました!!
矢嶋楫子の素晴らしい生き方が、一人でも多くの人の力になればと願いつつ映画製作を進めています。

矢嶋楫子は1833年に、現在の熊本県に生まれ、38歳まで武士の妻でした。武士の妻は大変です。木綿を綿から作り、絹織物も自分で作り、洗濯のたらいも男女を分けるなど、極端な男尊女卑の社会で苦労を重ねました。抱いている女の赤ん坊に向けて小刀を投げるなど、家族への度重なる乱暴を引き起こす酒乱の夫に身の危険を感じた楫子は、末の子を連れて家出し、離縁状を叩きつけます。女性から離縁を正々堂々と申し出た初の女性が矢嶋楫子でした。楫子の甥には徳富蘇峰、徳富蘆花がいます。
 上京して小学校の教員になった楫子は、ミセスツルーというアメリカ人の先生から、女学校の校長先生の仕事をすすめられます。これまで勤めていた小学校の生徒達には、まだお酒の悪さを教えられないが、女学生なら分かるはずとその仕事を引き受けます。そして洗礼を受け、クリスチャンとなり、その後、現在もある女子学院の院長になり、教育界では押しも押されもせぬ女性となります。
 1886年、日本キリスト教婦人矯風会の全国組織を結成し、初代会頭となりました。一夫一婦制、婦人参政権、禁酒、廃娼運動など、たくさんの活動に関わり、女性解放運動の元祖と言えます。そして、90歳のときにはアメリカで世界平和を強く訴えました。
 明治大正という、女性が一人の人間として尊重されることのなかった時代に、女子教育に力を注ぎ、女性解放運動に生涯を捧げた矢嶋楫子。その素晴らしい生き方が、一人でも多くの人の力になればと願いつつ映画製作を進めています。

監督・脚本 山田火砂子

山田火砂子監督

山田火砂子監督作品

  • 『エンジェルがとんだ日』
    (文部省選定)
  • 『筆子その愛―天使のピアノ』
    (児童福祉文化賞受賞)
  • 『大地の詩』
    (児童福祉文化賞・特別部門受賞)
  • 『望郷の鐘―満蒙開拓団の落日』
  • 『石井のお父さん ありがとう』
    (児童福祉文化賞受賞)
  • 『明日の希望』
    (児童福祉文化賞推薦)
  • 『母―小林多喜二の母の物語』
    (三浦綾子原作)
  • 『一粒の麦 荻野吟子の生涯』
    (文部科学省選定)

画像:常盤貴子

出演者決定!
主演の矢嶋楫子役は常盤貴子さん

楫子の生涯に影響を与える兄・直方に石黒賢、夫・七郎に渡辺いっけい、恋に落ちる書生・鈴木に渡辺大ほか豪華俳優陣が決定しました!

<常盤さんコメント>
『筆子・その愛ー天使のピアノ』(2007年)で山田火砂子監督に初めて誘って頂きました。名前の如く「火のような女性だなあ」と、感動しました。
男性社会と言われる、この映画界の中で、山田監督はきっと、数え切れないくらいの女性蔑視に、ギリギリと歯ぎしりをしてこられたのではと。
そんな監督が今、男女同権のためにご尽力された矢嶋楫子さんを通し、何を伝えてくださるのか…一人の女性として楽しみで仕方ありません。

キャスト

常盤貴子

常盤貴子

石黒賢

石黒賢

渡辺いっけい

渡辺いっけい

キャロリン愛子ホーランド

キャロリン愛子
ホーランド

渡辺大

渡辺大

竹下景子(守屋東)

竹下景子

藤吉久美子

藤吉久美子

キコ・ウィルソン

キコ・ウィルソン

ジョニ・トマス

ジョニ・トマス

堀内正美

堀内正美

渡辺梓

渡辺梓

森岡龍

森岡龍

小倉一郎

小倉一郎

赤塚真人

赤塚真人

森三中

森三中

星田英利

星田英利

松木路子

松木路子

磯村みどり

磯村みどり

露のききょう

露のききょう

神田さち子

神田さち子

矢嶋楫子とは?

矢嶋楫子肖像
70代の矢嶋楫子

禁酒・廃娼・一夫一妻制・新しい女子教育...
江戸後期から大正まで生き抜き、
一途に女性の地位向上を目指した生涯
出典:四賢婦人記念館・旅ムック.com熊本

1833(天保4)年
肥後(現:熊本県)の益城町一帯を治める惣庄屋の矢嶋家の六女として生まれる。
1858(安政5)年
兄の勧めにより、横井小楠門弟の林七郎と結婚。
1868(明治元)年
夫の暴力や酒乱により離婚。矢嶋家に復籍する。
1872(明治5)年
兄の看病のため上京。その途上、かつ子から「楫子(かじこ)」と改名する。
兄のもとに住み小学校教員伝習所に学ぶ。苦学の末小学校・女学校の教師となる。
1879(明治12)年
米国婦人宣教師ミセス・ツルーの影響によりキリスト教に入信し受洗。
1886(明治19)年
「日本キリスト教婦人矯風会」を設立し、初代会頭に就任。
元老院への「一夫一婦制」の建白書提出をはじめとし、婦人参政権、廃娼・禁酒運動、男女同権等に尽力する。
1889(明治22)年
キリスト教系女学院二校を合併(現女子学院)を創立。初代校長となる。
1921(大正10)年
89歳の高齢でワシントン平和会議に出席し、その功績を讃えられハーディング米大統領より記念の花器を贈られる。
1925(大正14)年
93歳没。従五位勲五等に叙される。

上映会情報

上映会を全国各地にて順次実施予定です!ご期待下さい!
新宿・立川・浦和・深谷・横浜・札幌・旭川・小樽・北見・苫小牧・釧路・函館など、各地の映画館にて上映予定です!

完成披露試写会

  • 監督と出演俳優の舞台挨拶を予定しております。
  • 完成披露試写会には当日券がございません。前売券(製作協力券)のみとなります。

上映会

  • 上映前に監督の舞台挨拶を予定しております。
  • 当日券及びチケットの取り置き可能です。
  • チケットの取り置きは現代ぷろだくしょん(tel:03-5332-3991)までお電話ください。

後援・協賛

皆様のご支援感謝いたします。
この映画に対して、下記の団体に後援をいただいております。(敬称略・順不同・一部抜粋・2021年9月17日現在)

  • 公益財団法人 日本キリスト教婦人矯風会
  • 日本クリスチャン女性禁酒同盟(矯風会JWCTU)
  • 学校法人 女子学院 〈理事長/寺嶋 潔〉
  • 瀬戸内寂聴(作家・僧侶)
  • 認定NPO法人 ウィメンズアクションネットワーク〈理事長/上野千鶴子〉
  • 若草プロジェクト〈代表呼びかけ人/村木厚子〉
  • 評論家・NPO法人高齢社会をよくする女性の会/〈理事長 /樋口 恵子〉
  • 公益財団法人 賀川事業団 雲柱社〈理事長/石井摩耶子〉
  • 公益社団法人 日本女医会
  • 公益財団法人 日本YWCA〈代表理事/実生律子〉
  • 公益財団法人 日本女性学習財団
  • 公益財団法人 新潟県女性財団〈理事長/阿部愛子〉
  • (社福)慈愛園 〈理事長/潮谷義子〉
  • ジェンダー平等をすすめる教育全国ネットワーク〈世話人代表/橋本紀子〉
  • 福島県男女共生センター〈館長/千葉悦子〉
  • 日本更生保護女性連盟 〈会長/千葉景子〉
  • 主婦連合会〈会長/有田芳子〉
  • 婦人民主クラブ〈会長/櫻井幸子〉
  • ふえみん婦人民主クラブ
  • 婦人国際平和自由連盟(WILPF)日本支部〈会長/増子富美〉
  • 全国友の会 〈代表/山崎みどり〉
  • 北海道情報大学教授 広瀬 玲子
  • 立正大学教授 志村聡子
  • (一社) 全国手をつなぐ育成会連合会〈会長/久保厚子〉
  • 東洋英和女学院大学〈名誉教授/石渡和実〉
  • (社福)慈愛会〈理事長/栗木純子〉
  • 日本基督教団〈総会議長/石橋秀雄〉
  • 社会福祉法人 滝乃川学園〈理事長/石井慈典〉
  • 社会福祉法人 石井記念友愛社〈理事長/児嶋草次郎〉
  • 社会福祉法人 北海道家庭学校〈理事長/仁原正幹〉
  • 社会福祉法人潤沢会〈淑徳大学名誉教授 坂巻 熙〉
  • 日本生活協同組合連合会〈代表理事会長/本田英一〉
  • 全国商工団体連合会 〈会長/太田義郎〉
  • 神奈川県立保健福祉大学〈名誉学長/阿部志郎〉
  • 筑波大学名誉教授 津曲裕次
  • 明治学院大学名誉教授 加山久夫
  • 関西学院大学名誉教授 室田保夫
  • 相模女子大学元教授 河尾豊司
  • 仙台大学教授 千葉 喜久也
  • 山梨県立大学元教授 寺久保光良
  • 学校法人 雲柱社〈理事長/今関公雄〉
  • 松矢勝宏(全日本特別支援教育研究連盟顧問/東京学芸大学名誉教授)
  • 宮崎英憲(全国特別支援教育推進連盟理事長)
  • 全日本特別支援教育研究連盟
  • 全国特別支援教育推進連盟
  • 弁護士 田中幹夫
  • (社福)滝乃川学園 石井亮一・筆子記念館〈館長/米川 覚〉
  • 三浦綾子読書会 〈代表/森下辰衛〉
  • NPO法人トータルケアセンター 安間孝明
  • (一社)全国知的障害児者サポート協会〈理事長/加藤正仁〉
  • 全日本特別支援教育研究連盟 〈理事長/明宮 茂〉
  • 公益社団法人 全日本断酒連盟〈理事長/伊藤 聰〉

お問合せ

お電話、またはお問い合わせフォームでも受け付けております。
お気軽にお問合せください。

株式会社現代ぷろだくしょん

03-5332-3991

平日:10:00〜18:00